笑顔になる誕生日の花の選び方のコツ

ほんわかと嬉しくなるプレゼントのひとつに花があります。アクセサリーのように残る物ではなく、食べ物の様に味わうこともない、ただ飾って見るだけのものですが、それが嬉しいと思えるもののひとつです。しかしセンスを問われるもののひとつでもあります。同じ花なのに不思議ですが、バラの一輪はどんな時でも嬉しいのに、ユリの一輪は場所を選ぶことが多いものです。よく言われる入院中に鉢植えは根付くという言葉から忌み嫌われるといわれますが、寄せ植えは花瓶を用意する必要もないので嬉しいという方もいます。花束は嬉しいですが、持ち帰ることまで考慮に入れた時、大きすぎるものは荷物になります。誕生日は特別な日ですから、花をもらうことはとても嬉しいですが、シチュエーションや持ち歩く、持って帰るまでの状況、そして好きな種類と色と、多くのコツを必要とします。

誕生日の花に迷ったら無理せずプロに相談

誕生日に花を贈る時に、誕生花を贈る方法もあります。誕生花は一日毎に設定されているので、全ての方に適するのかは分からない場合は、誕生月で決める方法もあります。実際に季節に咲くものが多いですので、入手しやすいです。ただ4月はカスミソウとなっています。カスミソウだけでもキレイですが、そこに別のものを添える必要はあると思います。要はバランスです。カスミソウ一輪と、バラ一輪では、センスの違いは明確です。そこでプロに任せる事、相談する事も大切です。金額とある程度の色合い、種類を伝えることで美しいものを作ってもらえます。またそのような相談に多く乗っているスタッフやフラワーアレンジメントの勉強をしている方が多いですので、的確なアドバイスをくれます。この時、相手の好みや年齢、シチュエーションなど細かく伝えることで、より適切な意見をもらえるようになります。

時間がない方は花屋さんのサイトで誕生日の贈り物を探せる

花は生ものですから、前日に受け取った場合、丁寧に取り扱わなければ渡す時に萎れているということがあります。当日の朝一番に貰いに行く、また待ち合わせ場所や渡したい場所と時間に合わせて届けて貰えるのかを相談することが安全策といえます。今はネットでの注文も可能となっており、贈りやすい形で持って来てくれることもあります。またメッセージやバルーン、時期に合わせた小物などを付ける事もできます。直に相談する時間がないという方にはおすすめです。実際に相談に乗ってもらってという形にはなりませんが、多くの方に喜ばれる形のものを多くサイトに掲載していますし、参考になるコラムもいっしょに読むこともできます。誕生日に贈る花に関しても多くのサイトで参考になるコラムがありますので、ぜひ一読してほしいです。