大切な人の誕生日は花を贈りませんか

大切な人やお友達のお誕生日のプレゼントには意外と悩むものです。そんな時にはお花を贈るのはいかがでしょうか。お花といっても花束にアレンジメントやブリザードフラワーなど様々ですよ。お誕生日にお花を贈る際の選び方をご紹介します。まずは、その方のイメージに合ったお花選びです。年齢や雰囲気、よく着ている服装のカラーなどを店員に伝えるとピッキングしてくれます。また、季節の花や伝えたい気持ちを花言葉にして贈るのもいいのではないでしょうか。花束やアレンジメントはあまり日持ちしませんが、季節の花や気持ちを伝えたい方にはお勧めします。長く飾って欲しいと思われる場合はブリザードフラワーや観葉植物などでしたら日持ちもしますし、手間もかかりません。最近では花瓶を置く方も少なくなっていますので、アレンジメントなどはそのまま玄関やお部屋に飾れるのでいいかもしれませんね。

誕生日プレゼントに花を贈る際に気を付ける点

誕生日に花を贈る際、気を付けなければならない点をいくつかご紹介します。まずは、ご自分の好きなお花や常識ではありますが仏壇やお墓に飾る菊などは避けましょう。最近では花瓶をあまり持たない方も多いですので、生花などの花束はよく考えて贈るようにするとよいでしょう。また、観葉植物は手入れもほとんどかかりませんし、緑を置くことにより部屋の中の雰囲気も変わりますが、大きさや高さも様々ですので贈る方のお部屋の広さなども把握しておくことが大切です。まずは、贈る方のイメージに合わせた花を贈る様にするとよいでしょう。また、年齢に合った花もありますので店員に相談するが間違いないかと思います。ネットなどで注文される場合は生花などの花束よりもアレンジメントやブリザードフラワーを選ぶことをお勧めします。近頃ではハーバリウムが流行しています。選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

大切な人への誕生日プレゼントは花言葉を添えて

お誕生日に花を贈る際、季節の花や贈る方のイメージに合わせたお花のアレンジや、日持ちのするブリザードフラワーやハーバリウムなどを贈られる方が多いのではないでしょうか。もちろんあまり手間のかからない観葉植物を選ばれる方もみえるでしょう。そんな中、お花には花言葉があるのをご存じでしょうか。例えば、真っ赤な薔薇は情熱、桔梗は変わらぬ愛、アイリスはあなたを大切にしますなど様々な意味が込められています。同じ花でもカラーによってまったく意味が正反対になる場合もありますので気を付けましょう。大切な人は人それぞれです。親友・愛する人・ご両親・お世話になった方様々ですが、誕生日に贈る花はイメージや雰囲気に合わせた花をアレンジしたものも良いですが、ご自分の気持ちに花言葉を添えて贈るのはいかがでしょうか。